海外旅行での荷物トラブル

海外旅行でありがちなのが、預けた荷物が空港で受け取る際に出てこない・・といったことです。

日本ではそんなことありえないかもしれませんが、海外ではよくあることの一つです。

多くの場合の原因としては、預けたはいいけど乗っている飛行機に荷物が乗り忘れているという状態です。

でも手荷物が到着しないとなると、必要な荷物が全く手元にない状態が起こります。

早くてその日の夜などといわれますが、場所によっては翌日、翌々日あたりまでずれこんでしまう場合もあります。

そんなときは現地で必要なものを調達して何とかなることもありますが、その調達にもお金がかかります。

ここでも海外旅行保険が役立つこととなります。

保険によっても異なりますが、荷物が遅れてから大体6時間以降の到着になると、保険金がおりることとなります。

補償対象は荷物がないがために買わなければならなくなったものです。

洋服や下着などもそうですし、洗面に使う用具などもそれに取り込まれます。

完全に必要のないとみなされるものに関しては対象外になることがありますので、何でも買えばいいというわけでもありませんから注意してくださいね。

一般的に保険金は最大でも10万円程度といわれています。

10万円もあれば荷物が遅れたことにより必要なものを揃えたとしても十分足りる額でしょう。

加入する保険についてもこの金額が異なりますが、基本的に選択式ではなくて固定で設定されています。

自分にとってどれぐらいの補償があれば安心できるかを基準にして選ぶようにしてください。

そもそも手荷物を補償する内容が含まれていない保険というのも中にはあります。

病気や怪我などと違い、ある程度必要なものは一緒に行った友人に借りるだとか、安いものを購入するなどしてまかなえることもありますので、保険料を少しでも抑えたいという場合はなしのプランでもいいかもしれませんね。

しかしそれほど高い金額の保険料がかかるわけでもありませんので、安心して旅行するためにもつけておいたほうが無難です。

海外旅行保険というのは病気や怪我だけが対称ではなく、このような荷物の不着トラブルなどにも対応してくれる保険です。

海外旅行は知らない土地に行くときは不安もあるでしょうが、それ以上に楽しめるように事前にしておかなくてはなりませんね。

保険というのは万が一を考えてかけるものなので、何だかもったいないと考える人もいるようです。

でももし何かあったら・・と考えるよりも先に安全安心を買っておく方をオススメします。

ラニングコストとイニシャルコスト

ランニングコストとイニシャルコストは何かしらのサービスを受ける際にはしっかりと意識しておかなければならないものです。

これが何を意味しているものなのかといえば、ランニングコストは言わば維持費で、イニシャルコストは初期費用です。

ランニングコストがかかるサービスの代名詞といえば自動車です。

自動車は購入して終わりではありません。

税金、車検、保険、ガソリン。

これらの費用がかかりますが、劣化と共にパーツ交換やメンテナンスの料金も高くなっていきますので、いろいろとお金がかかるものなのです。

自動車

一方、イニシャルコストのみでOKなものもあります。

引越し料金がこれに当たります。

引越しの時だけ料金を支払うもので、後は別に何かしら請求されるようなものではありません。

引越し料金のようにその場だけの計算が必要なものと、車のように維持費がかかるサービスとでは物の考え方は大きく異なるものです。

引越し料金のような、いわゆるイニシャルコストしかかからないようなものであれば、その時にどれくらいの効果があるのか。

費用対効果にしてもその瞬間だけを考えれば良いのですから、決して難しい話ではありません。

ですがランニングコストがかかるものの場合、はじめにかかる価格そのものだけではなく、維持費の部分まで考慮しなければならないのですからなかなか大変です。

いろいろな事を想定しなければなりませんので、ランニングコストがかかるサービスの場合、その一瞬だけ支払えるかどうかではなく、支払い続ける事が出来るのかどうかまで考慮しなければならないのです。

引越し見積もりでおすすめの業者をチェックすることは大切ですが、引越し料金であれば支払って終わりです。

ですが自動車の場合、車体価格だけではないのです。

維持費が支払えなくなり、泣く泣く手放すケースもとても多いのですが、これはランニングコストの見立てが甘かったという事になります。

ですので、両者の違いはしっかりと把握しておかなければならないものです。

ましてやそのお金を支払うのは他ならない自分自身なのですよね。

「支払えない」では、先の自動車の話のように、最悪手放さなければならないケースとて出てくるのです。

せっかく頑張って購入したものの、手放す事になってしまうのはとても惜しいのですから、購入する際に、その点までしっかりと踏まえた上で購入すべきです。

引越し料金のように、支払って終わりという事ではないのですから。

どちらにしましても結局は、契約や買い物をする際にはしっかりと考える必要があるのですが。

人気のエコバッグ

エコバッグって使ってますか?
スーパーなんかに買い物に行く時には、最近は必ず持参するようにしてるんですが、いざ使うことが当たり前になってくると、普段使ってる鞄とかと同じで、なんか買い替えたくなるというか、「なんでもいい」とはならなくなってきて。。。

今は「Afternoon Tea」のエコバッグなんですが、これを何か違うのに変えたいなぁと思ったワケでして。。。かといって、何かハッキリとこれが欲しいってわけではないので、とりあえずはネットでちょこちょこ検索。

いいのがあればいいなぁ、ぐらいで探してみた結果、エコバッグにも売れ筋があることが判明。
ということで、今売れてるエコバッグをちょっとご紹介します。

そういえば今は名入れエコバッグも人気があるみたいです。

自分主観が入りますので、参考になるかどうかわかりませんが、私と同じように、エコバッグ購入を検討中の方のお役に立てればいいかなぁと思いますので、気になるのがあれば、ご自身でも見てくださいね。

まず最初は「IRMAショッピングエコバッグ」。
IRMAとは、デンマークのスーパーで、ここのオリジナル商品のエコバッグになります。

デンマークは環境保護に取り組む先進国で、それだけにエコバッグの普及も進んでいるらしく、そのデンマークで人気なのがこのIRMAのエコバッグです。

キャンバス地は100%オーガニックコットン、染色なしでワンポイントの刺繍のみなので、シンプルなものがお好きな方におすすめです。

次は「キャス・キッドソン」のエコバッグ。柄や、色と色の組み合わせがクラシックな感じもしつつ、ポップな感じで人気のブランドです。
エコバッグもおなじみの花柄でとてもかわいいので、キャス・キッドソン好きの人もそうでない人にもおすすめです。

他にも「ケイト・スペード」や「marimekko」なんかも人気で、正直まだどれにするか決まりません。。。
はぁ、こうやって気になったのを整理してみると、余計に悩んでしまいますね。私ももう少し考えてみます。

家具通販サイトの信頼性

家具通販をするとき、たまたま目に入ったインターネットサイトでなんとなく買ってしまう、というのは、実は危険なことなんです。
家具を扱っているサイトには、実際の店舗も構えているところや、通販だけのところ、日用品などと一緒にほんの少しだけ家具も扱っているという程度のところなど、様々な種類があります。

もちろん、信頼度としては、やはり、実際に店舗を構えている有名店が一番高いでしょう。
こういったところは、不良品の返品や交換もスムーズですし、購入者都合での返品にも応じてくれる場合が多くなっています。

もちろん、通販専門の家具通販サイトでも、きちんとした対応をしてくれるところはたくさんあります。
しかし、悪徳商法すれすれのようなところも絶対にないとは言い切れません。

家具は、値段もサイズも、気軽に買ったり返品したり、ということができるものではありません。
たとえ、泣き寝入りをしようにも、捨てるのにも粗大ごみ扱いになってしまったりと、わずらわしさが付きまといます。
そうならないためには、最初から対応のきちんとした、安心できる家具通販を利用するのが一番なんです。

家具通販に限らず、新しいものを選んで購入するというのは、楽しいものですよね。
その時には、失敗したときのことなど考えたくないし、考えようとも思わないと言う人が多いでしょう。

けれど、家具という品物の特性上、何かあってから悩むというのでは遅すぎるという事態になってしまいがちなんです。
これが洋服や雑貨であれば良いかもしれませんが、家具である以上、やはり、手軽な家具通販でも、簡単な気持ちで購入してしまわず、お店の評判や信頼度まで確かめてから買うようにしたいですね。

信頼できるお店かどうかは、返品・交換の際の手続き方法がきちんと記されているかどうかということや、お店自体の住所、問い合わせ先が書かれているかということである程度確かめることができます。
あとは、購入者の口コミなどをチェックして総合的に判断しましょう。

パンストは女性のおしゃれの一環

以前は、学校を卒業した大人の女性なら、ほとんどの女性がパンストを履いていたのではないでしょうか。
カラーもいろいろあり、おしゃれな柄付きのパンストもあります。

ところが、いつの頃からか、生足の方がおしゃれだという風潮になり、特に暑い夏の季節になると、生足にサンダルがおしゃれだという雰囲気があります。

自分自信の足で勝負しなければならないので、フットケアに気を使う女性が増えたような気がいます。
そして、パンストを履いている女性はおばさんぽく見られるような、そんな感じがしていたのですが、最近になりまたパンストが注目されているようです。

それは、冷え性の女性が冷え対策にパンストを履いたり、血行が悪くなるのを防ぐために着圧効果のあるパンストを履いたり、美脚になりたくてパンストを履いたりといろいろな理由があるようです。

いまはさまざまな効果のあるパンストがあり、それぞれの理由でパンストを選んでいる方がいるようです。
そんな特別な効果を期待して履くのではなく、パンスト自体が好きだという女性も増えているようなのです。

おしゃれなパンスト

パンストは大人の女性の証しだということで、自分に自信を持つためにパンストを履いているとか、パンストを履いていると適度な締め付けがありそれで気持ちも引き締まるという方もいるようです。

世の中、生足にサンダルがおしゃれだと思われていると思っていたら、意外にパンスト派が多いことに驚きます。
さらに、パンストを履く男性まで出現したという話を聞きます。

バレエでは男性のダンサーはタイツを履いていますが、あんな感じでパンストを履いているのでしょうか。
スーツの下にパンストを履くとしたら、小用を足すときにどうしているのでしょう。
女性には分からないことばかりです。

ただ、パンストを好きな人が増えているということだけはわかります。
女性にとって冷えは大敵ですから、パンストを履き冷え性対策をすることはいいことだと思います。

いまはさまざまな機能性があり、そしてデザインもさまざまなパンストがあります。
おしゃれの一環として楽しむのもいいのではないでしょうか。

フォーマルな時には刺繍が施されたパンストを履いたり、カジュアルな時にはポップな柄のパンストを楽しんだり、パンストならリーズナブルに好きなおしゃれを楽しむことができます。

おしゃれを楽しみながら、冷え性対策や美脚になることができるなら、これは女性にとってはパンストはうれしいアイテムといえそうです。

パンストフェチの男性にはパンスト動画天国というサイトがおすすめです。

誰も気にしない「風俗界の不思議」や「矛盾」

■なぜソープランドだけ本番行為がオッケーなの?

厳密にいえば日本の法律で本番行為を公認している風俗は全くありません。

「お風呂屋さんに来たお客さんと体を洗う接待係が恋に落ちて自由恋愛のカタチとしてセックスをしてしまった」ということになてっており「大人どうしが本人の自由でエッチしたならしょうがねぇなぁ」という建前で見逃してもらっているグレーゾーンであるのがソープの本当の所です。

近畿地区に多い「新地」と呼ばれる風俗店も体面上は小料理屋となっており、女の子たちも仲居さんという扱いになっております。
料理を運んだお客さんと意気投合して「そういうこと」になった、ということにしており小料理屋という名目からこの類の風俗店にはシャワーもベッドもない個室になっているのが一般的です。

■ソープはいいのにヘルスでは本番NGなのはなぜ?

ソープランドは「自由恋愛」の建前のもとに本番行為がOKなのにヘルスはNGっていうのはおかしいのではないか?
建前が通るならヘルスでもいいのでは?という疑問をもっている方も多いでしょう。

たしかにその通りでもあるのですがこの建前をソープランドだけに適用しないと国内における売春方法に歯止めが利かなくなり、単に風紀の問題ではなく防疫などによろしくない問題が発生してしまいます。

ソープランドはそのあたりを暗黙の了解として見逃してもらっておりますが、かわりにSTD検査の義務化や営業可能地域の厳しい制限などの制限を設けており、設備の維持管理費などもあって誰でも運営できるものではなくなっております。

逆にデリヘルなどは売春目的の営業を固く禁じるかわりに営業の認可がおりやすく、誰にでも進出できるようなユルイ枠組みが与えられているのです。

また客単価・女の子への報酬などの点においてもソープランドのほうが女性従業員の待遇が良く、デリヘルでソープランドと同じサービスをするというのは女の子にしてみても割に合わないものなのです。

■女性用の風俗ってなぜないの?

まったく無いワケではありません、出張ホスト・性感マッサージ・レズビアン専門店といったお店はかなり小数ではありますが存在いたします。

ただし残念ながらちゃんと営業しているお店はその中でもさらに少なく、営業内容や料金システムに胡散臭いお店が多いのも事実です。
かつて女性向けソープランドというのが登場したことがありますが、指名が一部の男性に集中してしまう傾向があり稼働率からいってムリがあったようです。

人気ソープ嬢なら1日に5以上の男性客を相手しますが、これと同様のペースが射精という行動を伴う男性にはムリなのは当然の結果です。

また風俗営業法はサービスを提供するのが女性であることが前提になっております、そういった法律面の文面上からも公的機関も女性向け風俗が出現することにあまりよい顔をしていないという日本の古い体質もあわせてあるようです。

■外国人風俗に黒人がいないのはなぜ?

これは自分もずっと不思議に思っていたことがらなのですが、現在展開中の外国人デリヘルなどの風俗をみてみると七割は韓国・中国・タイなどのアジア系で残りがロシアや欧米・南米といった白人・金髪女性になっておりアフリカ系女性の在籍は皆無といっていいほど見つけることができません。

欧米などは人種的に黒人も多く日本などでも良く見かけるのですが、風俗で働く黒人女性が皆無なのは単に日本人男性からの需要がないからかもしれません。

メロンのような巨乳にブロンドヘアー、ラテン系の濃い顔やクビレボディは日本人男性にとってあこがれを感じる人が多いようですが、比較的身長が低く肉の多いアジア人男性からすると高身長で筋肉質な黒人女性の平均的な体格は性的欲望よりもコンプレックスを感じてしまう人が多いからかもしれません。

アフリカ系民族との間に歴史的な軋轢がない日本は黒人に対する差別というのは欧米よりもないハズなのですが、見慣れなさすぎることが黒人女性の需要を遠ざけているのかもしれないと憶測します。

風俗店の経営者におすすめの風俗クレジット決済ドットコムという会社、お店にクレジット決済を導入するならここにアクセスですね。

浮気調査について

世の中に男女がいれば、出逢って交際をして結婚に至ることもあります。
ただ、交際を続けていたり結婚をしてからも一人の人だけに一途になるのは一掴みの人で、ずっと一緒に一人の人といると飽きてくることもあります。

そのような気怠さを感じている時期に、別の魅力的な異性と出逢うことで心が揺れ動く人もいるでしょう。
また、こっそり隠れて他の人と交際をすることで刺激を受ける人もいます。

そして、配偶者にいるにもかかわらず、他の人と交際をすることを浮気と言いますが、日本において浮気をしている人は数多く居ます。
もしも配偶者が浮気をしていると知れば、傷ついてしまうでしょう。

しかし、配偶者の浮気疑惑が出てしまった場合に、真実を知りたくなるという人もいます。
配偶者や浮気相手を罰したいという心が出てくるかもしれませんし、慰謝料を取りたいと思う人もいるでしょう。

そこで、探偵に浮気調査を依頼する人も多く居ます。
たとえば、配偶者が浮気相手とデートで手をつないでいるところを写真撮影したり、レストランへ食事に行っているところの写真を撮影したり、ラブホテルから出てくるところを撮影したりと、証拠写真をつかんでもらうことができます。

また、外出先での配偶者の素行を調査してもらうこともできます。
探偵に浮気調査を依頼した結果、浮気の証拠をつかんで浮気相手や配偶者を訴えるために裁判を起こす人もいるでしょうし、そのまま配偶者へ浮気を問い詰める人もいます。

できれば、浮気などはせずに、一人の人と仲良く続いてほしいものです。

オンラインカジノの違法性は?

日本ではカジノを含め、金銭の発生する賭博を法律で全面的に禁止しています。
競馬や競輪などは公営賭博として認められているため違法性はいっさいありません。
よく賭博の違法性議論で取り上げられるパチンコですが、少々特殊な方法によりそれを回避しています。

まずパチンコの出玉を景品と交換し、その景品を買い取る形で換金しているからです。
この方法なら違法性は無く、何とか合法と言うことができるのかもしれません。
パチンコでは欲しい景品は持ち帰り、不要な景品を換金するといった手法も取れます。

しかしオンラインカジノに至っては景品交換の概念はなく、立派な賭博となります。
購入したチップを賭け、負けたら没収されるところは賭博であり、実際のカジノと同じです。
この点からオンラインカジノは違法であると考えても無理はありません。

ですが、日本でもオンラインカジノを楽しんでいる方は多く居ます。
なのに何故摘発されないのでしょうか?
実際のところ、オンラインカジノは「グレーゾーン」であると言えるからです。

オンラインカジノが登場して10年以上経ちますが、日本では逮捕者が出たことはありません。
違法と認識されているならすでにサービス自体日本からは利用ができないはずです。
なのにオンラインカジノを楽しめるのは、海外のサービスであるからこそと言えます。

オンラインカジノのサービスや運営会社はすべて海外の企業です。
そのため立地している国の法律にのっとってサービスを提供しています。
日本に企業を置いたとすると、オンラインカジノのサービスを始めた時点で違法となります。

これらオンラインカジノを日本から利用する分には問題性が無いと考えられているのかもしれません。
購入するチップもドル単位が主流で、海外の業者を通しておこなわれます。
換金も同じで海外のレートに合わせて金額が変動します。

オンラインカジノはグレーであり、違法でも合法でもありません。
今後カジノを合法化する取り組みもあり、オンラインカジノが一般化する可能性も残されています。

また、最近ではオンラインカジノ スマホでも遊べるようになってます。
ちょっとした空いた時間に遊べるのは便利ですが、ちょっと怖い気もしますよね。。。